CLOSE

スクール事業

ホーム > スクール事業

JUIDA認定スクール「ドローンスクールNDMC」について

JUIDA SCHOOL AWARDS 2019

「JUIDA SCHOOL AWARDS 2019」理事長賞 受賞

JUIDA認定スクール「ドローンスクールNDMC」は、無人航空機産業の健全な発展のために、無人航空機運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技能を有する人材の養成を行います。

無人航空機操縦技能及び安全運行管理者養成講座の合格者には修了証が発行されJUIDAへ登録することによりライセンス証が発行されます。

受講申し込みからJUIDA証明証申請までの手順

  • STEP 01
    受講申し込み

    スクール事業>スクール紹介「受講申し込みはこちら」ボタンを押下し、必要事項を入力し送信ください。

  • STEP 02
    受講料のお振込み

    ご登録アドレス宛に「受講受付書」が届きます。記載内容をご確認の上、指定口座に受講料をお振込みください。

  • STEP 03
    座学・実技・検定 受講

    「受講受付書」に記載されたスケジュールのとおり受講をお願いします。

  • STEP 04
    修了証

    検定合格後、ご登録住所宛「修了証」が届きます。

  • STEP 05
    JUIDA証明証申請

    上記「修了証」をもとにJUIDA証明証を申請ください。

注1)JUIDA証明証申請は修了日から 3ヶ月以内に申請からお振込みまでの手続きを完了していただくようお願い致します。期限を過ぎた場合は申請資格が失効してしまいますのでご注意ください。

注2)JUIDA証明証申請にかかる費用は、「ドローンスクールNDMC」受講料には含みません。

JUIDA証明証申請には下記資料が必要になります。

① 認定スクール修了証の写し(jpg または pdf 容量制限 2MB)

② 身分証(免許証・保険証・住民基本台帳カード・在留カードのいずれか)の写し(jpg 容量制限 2MB)

③ 証明写真(jpg 容量制限 2MB)

④ (満 20 歳未満の方のみ)住民票と親権者の承諾書

JUIDA証明証申請はこちらから https://uas-japan.org/joinus/

修了証
イメージ

修了証イメージ2

証明証
イメージ

証明証イメージ2

無人航空機の講習会制度の概要

2017年6月1日、国土交通省は「無人航空機の講習団体及び管理団体」について、航空局HPへの掲載を開始しました。 同HPに掲載された講習団体の講習を修了した場合、無人航空機に係る上記飛行許可申請を行う際に、無人航空機の操縦の知識や能力に関する確認(書類)を簡略化することができます。

※ドローンスクールNDMCはJUIDAの管理する(下記図パターン2)の講習団体であり、当スクールの修了証でJUIDA認定 無人航空機操縦技能者証、無人航空機安全運航管理者証の発行申請手続きが可能です。

無人航空機の講習会活用制度の概要

ドローンスクールNDMCで取得できる飛行形態

当スクールでは航空法第132条に係る下記の飛行形態につきまして、全9項目のうち物件投下を除く「8項目」について飛行許可承認手続きの書類を簡略化できるライセンス証を取得できます。

技能認証に含む飛行形態説明図

居住地と日程に合わせて開催校を選択

JUIDA認定 ドローンスクールNDMCでは、静岡県浜松市、静岡県静岡市、長野県伊那市、大分県日田市にてドローンスクールを開催しており、受講者の居住地と日程に合わせて開催校を選択することが可能です。

  • 静岡校
    01
    静岡校

    ・無人航空機操縦技能者養成講座

    ・安全運航管理者養成講座

  • 浜松校
    02
    浜松校

    ・無人航空機操縦技能者養成講座

    ・安全運航管理者養成講座

  • 信州伊那校
    03
    信州伊那校

    ・無人航空機操縦技能者養成講座

    ・安全運航管理者養成講座


  • 04
    大分日田校

    ・無人航空機操縦技能者養成講座

    ・安全運航管理者養成講座

  • 空間情報技術試験フィールド
    05
    空間情報技術試験フィールド

    ・空間情報技術試験フィールドの利用をご希望の方はお問い合わせください。

  • 体験セミナー


    06
    体験セミナー

    ・ドローン体験セミナー

    ・ドローンビジネスファクトリー

経験・技量に応じて選べるコース設定

飛行許可承認手続きの際、無人航空機の運用経験(飛行経歴10時間以上)が必要になります。 ドローンスクールNDMCでは未経験者から既に無人航空機を運用している方に合わせて2つのコースをご用意しております。

【資格取得充実の5日コース】操縦技能者 初心者向け

¥300,000(税込 ¥324,000)

無人航空機の操縦が初めての方、講習会内で10時間の飛行経歴をサポートして欲しい方を対象に5日間で延べ10時間の飛行訓練を行い「操縦技能者証」の取得が可能です。
※ただし、「操縦技能者証」を取得するにJUIDAへの申請が必要です。
※安全運航管理者証は別途受講が必要です。
【資格取得最短3日コース】操縦技能者/安全運航管理者 プロフェッショナル向け

¥180,000(税込 ¥194,400)

既に無人航空機の運用経験がある方を対象にしたコースです。
座学2日(操縦技能/安全運航管理)、実技1日(検定)を実施し、「操縦技能者証/安全運航管理者証」の取得が可能です。
※修了証発行の条件は、検定合格ならびに受講時または受講後の独自訓練による10時間以上の飛行経歴書の提出が必要です。
※ただし、「操縦技能者証/安全運航管理者証」を取得するにはJUIDAへの申請が必要です。
無人航空機の運用に応じた最上位資格安全運航管理者資格の講座

¥74,000(税込 ¥79,920)

既にJUIDA認定操縦技能者の資格取得者対象にしたコースです。
無人航空機の運用に係わる責任者の資格です。
運航にあたり危険と思われるリスクを抽出し改善、評価を繰り返し安全を担保する為の手法を学べる講座です。
座学・検定1日の受講になります。
※修了証発行の条件は、有効な交付期限のJUIDA認定操縦技能者資格を必要とします。
※ただし、「安全運航管理者証」を取得するにはJUIDAへの申請が必要です。
  • 機体のレンタル料無料
    受講中に使用する機体(DJI社のPhantom4)を無料でレンタルいたします。
  • 特別団体割引受付
    5名様以上から特別団体割引を受け付けます。お見積もり致しますので事務局までお問い合わせ下さい。
  • 修了証の発行
    JUIDA認定 操縦技能者証、安全運航管理者証の申請が可能な修了証を発行します。
  • 実技講習
    当スクールはATTIモード(GPS援用無)での操縦訓練時間を多く取っております。GPSが補足できない状況でも期待を安全に移動・着陸できるように訓練します。
    また、屋内の会場を用意し、「目視外飛行」と「夜間飛行」の実技訓練も実施します。
  • 環境
    国交省の承認が必要な飛行訓練(目視外等)を実施する為、屋内施設にて講習を行います。卒業後、不定期的に開催される広大な施設でのフライト練習に参加できます。
  • 助成金制度有り
    当スクールは法人様が受講する場合、「厚生労働省 人材開発支援助成金」の対象となります。
    <重要>
    人材開発支援助成金」をご利用の方は、受講される前に申請が必要です。
    (助成金を受けるには申請から数週間~約1ヶ月程度かかります)
    詳しくは各都道府県労働局およびハローワークの窓口へお問合せ下さい。
    助成金制度について
  • 修了された方へ
    NDMC 修了証は「JUIDA認定操縦技能証、安全運航管理者証」の申請に必要です。
    ※NDMC 修了証を以ってJUIDAホームページより申請するとJUIDA認定「操縦技能者証/安全運航 管理者証」が発行されます。