CLOSE

講師紹介

ホーム > スクール事業 > 講師紹介

JUIDA認定講師

田村 博

田村 博たむら ひろし

日本大学 理工学部 機械工学科卒業 航空宇宙工学専修コース
卒業研究:木村秀政研究室「人力飛行機の試作開発」

略歴

1981年
ヒロボー株式会社 入社
2001年~2011年
同製造部/開発部/企画室/開発部長を経て、ラジコン事業部長を務める(執行役員~常務執行役員)
2001年
日本ラジコン模型工業会(設立1967、会員40社)理事に就任
2010年~2013年
同会長就任
2001年~2013年
一般財団法人「日本ラジコン電波安全協会」評議員~理事
2010年~2013年
日本産業用無人航空機協会(JUAV)理事
2014年1月20日
ヒロボー株式会社 退職
2014年4月1日
静岡理工科大学 理工学部機械工学科 特任講師 着任

「用途に応じた航空機の最適設計に挑む」

人が行けない危険な場所や環境では無人航空機が活躍し大きな成果をあげています。今後は無人航空機に関する国際的な法整備が進み、運用ルールも制定され、空撮・観測・監視・調査用途を始め、輸送業務など活躍の場が広がるでしょう。想定されるミッションに適合した無人航空機の最適設計とその制御技術の確立に向けて、研究を進めます。

所属/資格

  • ▪一般社団法人日本航空宇宙学会(JSASS)正会員
  • ▪一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)正会員
  • ▪日本産業用無人航空機協会(JUAV)賛助会員
  • ▪宇宙航空利用研究会(SAT研)無人航空機WG所属
  • ▪日本模型航空連盟 F3C(RCヘリコプター)審査員、RCヘリコプター技能試験員
  • ▪特定非営利活動法人ふじのくにSKYイノベーション 専務理事
  • ▪一般社団法人 静岡県無人機安全協会 専務理事
遠藤 貴宏

遠藤 貴宏えんどう たかひろ

東京大学大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 博士課程 修了 博士(工学)

略歴

2003年
東京大学大学院工学系研究科 社会基盤工学専攻 博士課程 修了
2003年
東京大学生産技術研究所付属 都市基盤安全工学国際研究センター 助手/助教(2007)
2007年
放送大学教育学部山梨学習センター 面接授業 講師
2007年
国際協力機構 技術協力専門家 タイ王国 アジア工科大学へ派遣
2013年
SATREPS技術協力専門家 ブラジルへ派遣
2010年
JSPS優秀若手研究者海外派遣事業 韓国へ2か月間留学
2011年
国土交通大学校 普通測量研修/高等測量研修 講師
2012年
東京大学生産技術研究所付属 都市基盤安全工学国際研究センター退職
2012年
国立環境研究所 環境計測研究センター 特別研究員 採用
2013年
国立環境研究所 環境計測研究センター 特別研究員 退職
2013年
一財)リモートセンシング・技術センター 副主任研究員 採用
2015年現在
現在 同 研究開発部 主任研究員

次世代の若者たちのために、グローバルレベルの地球環境からローカルレベルの地域環境までの課題に対して最先端のリモートセンシング技術を利活用することにより、安心・安全かつスマートな社会構築に資するための施策立案から研究および社会実装を行っている。特に、近年は、安心・安全の観点での国内外における無人航空機の利活用に関する活動を行っている一方、自らレーザセンサを搭載した無人航空機を開発しブラジル国のアマゾン森林を計測した経験を持つ。

所属/資格

  • ▪気候変動に関する政府間パネル インベントリータスクフォース(IPCC TFI)専門家
  • ▪JICA地球環境部 インハウスコンサルタント
  • ▪宇宙航空研究開発機(JAXA) 衛星搭載型植生レーザセンサ開発チーム委員
  • ▪UN IPCC 2019ガイドラインRefinement 執筆者
  • ▪東京都市大学 非常勤講師
  • ▪産業総合研究所 AIセンター 特専研究員
  • ▪国土交通大学校 普通測量研修/高等測量研修 講師
  • ▪公社)土木学会 会員
  • ▪一社)日本写真測学会 評議員・電子情報委員会委員・学術委員会委員
  • ▪一社)日本写真測学会UAV安全基準策定委員会 事故調査部会部会長
  • ▪一社)日本リモートセンシング学会 学術委員会委員
  • ▪一財)リモート・センシング技術センター 環境解析グループ グループリーダ

その他NDMC在籍講師20名